ロンドンから色々お伝えします。


by lonolondon

Milly ちゃん

いやいや、長い事書く事を忘れていましたよ..
ブログがあることさえも。。。。。申し訳ない..

アムスの話も途中のまま。。。もう半年以上も前の事になり..少し忘れているのでまた思い出したら..第3弾を書くとしてと...

いやぁ、色々この長い事ありましたわぁ。。
1年半振りに母国にも帰り..10年振りにフジロックにも参戦したり...
色々と溜め込んだ事を徐々に書けたら良いなぁ。と思いますが,帰って来てからデジカメがすねてしまい、なんにも作動しない。これは。。バッテリーに問題が..と思っておるのですが...沢山撮った夏の思い出が...

と言う事で機嫌が良くなったら夏の思い出は書くとして...

今回は最愛の人の愛犬ミリーちゃんを載せましょう.

スパニエルのオンナノコ。と言ってももうお年.と言う事はおばあちゃん?
最愛のひと言わく7、8才と言うのですが,私が推測すると10才はとうに超えているとみました.なんせ、お年の為に視力がなくなり。。。いつも色んな物に頭をボンとぶつけているのです...可哀想に..
でも見えなくてもミリーちゃんは言えないので頑張って生きております.

食いしん坊でいつもイビキを人間以上にかいてお昼寝が大好き. 
時には最愛のお兄ちゃんと直立するのも大好き!

直立!
a0159259_6101670.jpg


そんなミリーちゃん、今日散髪に行って参りました.

Before
a0159259_654359.jpg


After
a0159259_663159.jpg


個人的にはフサフサミリーちゃんが好きなのですが,グルーマーさんは限度をしらないのか、いつも散髪に行くとこのようにツルツル犬で戻って来ます...ウ〜ン。。
これからロンドンは寒くなるのに..大丈夫かな?

今夜もぐっすり寝ています様に....お休みミリーちゃん。
a0159259_6133732.jpg

[PR]
# by lonolondon | 2010-09-22 06:24
アムス日記途中で終わってました。。(すっかり忘れていた。。)
久々にまた続きを書きましょう。

さぁさぁ、2日目の夜、南のLeidsepleinにおもちゃの様なトラムに乗り夕飯を食べに。

a0159259_7351342.jpg


日本食が食べたいと言う仁さんの希望で色々歩いてみる。
と、そのとき日本食、食べ放題の所が。。
その名も”SUMO"(いかにも)
一人24ユーロで食べ放題。 
試しにと言う事で入ってみる。メニューを見るとお寿司からどんぶり物迄たくさんの品数。
60品食べられるという事が判明。 手始めはお寿司から。
食べ放題だしあんまり期待はしていなかったが、期待を覆してくれた。
お寿司おいしい。ロンドンではこの値段でこのクオリティーはないと2人で驚く。
お寿司をかなり頂きちょこちょこと小さい物を食べる。結局2人で30品もいかない間にお腹いっぱいに。 デザートには抹茶のアイスを食べ、SUMOになりお店を後に。

この地域は若者が多い。そしてナイトアウトの人達も。アムスといえば自転車。。
a0159259_742164.jpg


たしかに。。日本の自転車置き場を思い出す。こんな可愛い地下自転車置き場のマークも。
a0159259_7431590.jpg


この地域でその日行われていたイベントに行こうと思ったのだがSOLD OUT. と言う事でまた作戦練り直し。westの方に100以上のビールの種類があると言うPubをガイドブックで発見。ではいざ出陣。住宅街を抜け寒く暗いアムスの街を歩きやっと着く。
`t Arendsnest。
a0159259_7484676.jpg


中は昔のビールの機械がたくさん。金色に光っていて綺麗。
a0159259_7504881.jpg


壁一面にビールの種類。
a0159259_7515827.jpg


仁さん興奮押さえられず。カウンターのお兄さんにウィートビールを注文。がここは専門店、どんな感じのがいいのか等色々聞かれ,君に合うのはこれだと白ウィートビールを出してくれる。
トルコかチベットだか何処かの白らしい。仁さんはカウンターの人はこうでなくてはとかなり感激。
a0159259_7542594.jpg


飲めない私にはコーラと気分を味わう為にフルーツビールを。ロンドンでもフルーツビールを飲んだ事はあるけど少し飲んだだけでアルコールの味で気持ち悪くなる。。さぁ、これはどう?とチェリー味をおすすめされる。
a0159259_7565763.jpg


おいしい。フルーツビールを飲んでこんなにおいしいとは。。しかも飲んでも飲んでも気持ち悪くならない。結局ほとんど飲んでしまった。。(仁さんも驚き!)2杯目どうぞと薦めた所,明日こそは早く起きて観光をしなくてはと少し自分に厳しい仁さん。いやぁ,せっかくなんだからと言っても嫌々。とそのとき時計は1時。40分位徒歩でかかるから寝るとしても2時になってしまうから。。と一杯で辞める事に。

このpubはこの地域に住んでいる住人がほとんど。しかも夜中なのにチーズ半分+ビールで新聞を読んでいる紳士も。素敵。アムスに行ったら是非の場所。

明日はボートでアムスの観光予定+帰国。さぁ、朝起きれるのでしょうか?
[PR]
# by lonolondon | 2010-03-16 08:06
案の定、到着の晩4時過ぎに床に付いたのもあり、目を覚ましたのがなんと午後2時。あ〜。。。朝から観光の予定が。。
しかも新しいホテルだけあり難点を発見。寒い。ヒーターがつかぬ。2人して震えて
身支度。とにかく今日は明るいうちに少しでもアムスの街を見なければ。。
ホテルを出る前にレセプションにヒーターが壊れてて死にそうです。と申し出ると小さなファンヒーターを貸してらいました。
さぁ、やっとホテルを後に。

とにかくお腹がすいたと言う事で色々食べる所を探したのですが,もう2時過ぎ。ランチなんてやっている所ない。。で、結局スペイン料理を食べる事に。(アムスに来てアルゼンチンやらスペインやら。。)そういえば、昨日メノさんに会いあまりにも興奮し過ぎてお気に入りのカーディガンを何処かに忘れて来た事に気付き私ご機嫌斜め。。仁さん一生懸命私の気を戻そうと大変。

とりあえず、ご飯を食べてアムスの街を歩く。

a0159259_4402838.jpg


小さなTime Outの地図を目当てに仁さんが行きたいと言うレコード屋に。色々歩いたあげくやっとつく。。小さくこじんまりしていて素敵な所でした。そのあと、今度はカフェを探すがない。。
ではガイドブックに載っているカフェに。街のはしからはし迄歩き。。とりあえず、仁さんの望んでいたカフェに入る。なかなかだがアムスのオンナノコ、あんまり女性に愛想がない。男性だと態度が180度変わる。(ウ〜ン)まぁよしとしよう。

なんだかんだ言って歩いていたらもう7時過ぎ。そらも暗くなり。。ご飯の時間。
なにを食べる〜?と話してとりあえずホテルへ。。。
a0159259_4453591.jpg


とりあえず、南のほうに行こうと決め、防寒着を来ていざ出発! つづく。。
[PR]
# by lonolondon | 2010-02-05 04:50 | 旅行
ちょいと更新が遅くなりましたが前のアムス日記の続きをお送り致します。

到着の夜、仁さんのお仕事仲間+お友達と言うアムス人のメノさんと会う事に。
お家がホテルに近いと言う事で来て頂きました。お腹が空いていた私は飲みより
食事という事だったのですが,時間も時間でほとんどの所がもう閉まりますと言われ,
最終的にアルゼンチン料理屋でステーキを仁さんと半分こしてほおばりました。おいしかった〜。
(あまりに腹ぺこの為,写真撮るの忘れました。。)

その後、メノさんがアムスでとても古く唯一この街に2つある木製で出来ているバーに連れて行ってもらいました。その名は "In The Monkey".

a0159259_3173621.jpg


このバー中も素敵。

a0159259_3214749.jpg


a0159259_3391012.jpg


が、メノさんの話を聞いて少し驚き。このIn the monkeyはずいぶ〜ん前からあるバーで、アムスの港が貿易で栄えていた頃,このバーに一人で来たお客さんにとことん飲ませ記憶が無くなる状態にして2階に連れて行きある書類にサインをさせ、そのお客さんが目を覚ますと船の上。自分は1年間この船で仕事をしますという契約書にサインをしたとの事でアムスに帰れない。と言う事が行われていたそう。。アムスの人の中では当時 ”魔のin the monkey”と言われていたそう。酔った人の弱みを狙うという事ですかね。なんかちょいと怖い。
でもそんな風に見えないんですが。。。
a0159259_3402127.jpg


In the monkey で一杯飲んだ後向かいにあるペリカンに行こうと言われ、向かいにあるバーに。

a0159259_342288.jpg

(こちらはIn the monkeyの外観。真ん中の黒い建物。この2階で昔サギの様な契約が。。)

ここがペリカンバー。
a0159259_3462545.jpg


こちらはおもしろい+変わった名前のリキュールのお酒が。
メノさんはフルーツ系、仁さんはバラ系のリキュールを。もちろん私はコーラ。
少し味見をさせてもらったが,すご〜い。。注射前に付けるアルコールの臭い。ウ〜。。。
このペリカンバーには有名なエピソードはないのですが,こちらもこじんまりしていて素敵なバー。メノさんと日本とアムステルダムの貿易の話や,メノさんの恋話等を聞き,ほのぼのとアムス到着の夜を過ごし,気付いたらもう朝2時。バーの閉まる時間。アムスはさむ〜い。。
a0159259_3551658.jpg


メノさんは次の日にドイツにいかなくてはいけなくここでさよなら、ありがと〜メノさん。仁さんは何かまだ物足りない様子だったので,ホテルの近くのバーピノキオにいくことに。ここで一杯。そしてまた違うカリフォルニアというバーに。。もうそろそろ、と言う事で朝4時、ホテルに戻り就寝。明日は早く起きて観光なのですが。。。今の時点でもう朝一。どうなるのかなぁ。。。 つづく。。

a0159259_3561032.jpg

[PR]
# by lonolondon | 2010-02-05 04:02 | 旅行
仁さんからの遅かれクリスマスプレゼントで初アムステルダムに2泊3日で行って参りました。

この頃初ものが多く、この日も初スタンステット空港。そして初easy jetで初アムス。
19時近くの飛行機に乗ったと思ったら40分でアムステルダムのスキポール空港。
飛行機の中で一生懸命にガイドブックを読む2人。
仁さんも初アムス。本当に大丈夫だろうか?

飛行機を降りると予想以上に寒い。。ロンドンよりも遥かに寒い。。。
大きな空港を歩き歩き、その間も私は写真を撮りまくる。仁さんはクリスマスに買ったHDビデオカメラで撮影しまくる。なんか怪しい2人。

a0159259_5172736.jpg


イミグレーションのオランダ人お兄さんに
”コンニチワ。オゲンキ デスカ?”
と話しかけられ、
”ハイ、元気です。お元気ですか?”
と聞くと、それ以上は無理です。との返事。
”サヨウナラ〜”
とここで会話終了。オランダ人親日派。出だしからいいねぇ。。

とりあえず、空港を後にしなくては、とガイドブックで電車の乗り方を見る。
セントラルステーションに出なくては。
切符を買ってホームへ。。その間も2人は独自の撮影で大忙し。

列車は新幹線の様な二階建て。オ〜。。なんか日本と通じる所ある〜。
もちろん乗車中も仁さんは撮影。。

空港からセントラルステーションまで凄く近かった。。
外に出ると、耳が取れそうな寒さ。誰か言ってよ、こんなに寒いって。。
水があるからか寒さが増す。でも夜景は綺麗。
ライトが、至る所に。Weeping Tower とよばれている建物がなんかロシアの建物に似ているなぁ。

a0159259_5331818.jpg


ホテルは去年の12月にオープンしたブティックホテル HOTEL CC.
セントラル駅から歩いてすぐ。にぎやかな道に面していました。
新しいとの事でウキウキ気分。小さなお部屋でしたがシャワーが凄かった。
ブテックホテルですな。

未だ9時半過ぎとの事で仁さんがアムス友達にお電話。
これから会う事に。。。。
(つづく)
[PR]
# by lonolondon | 2010-01-29 05:42